情報商材

【詐欺?!】あからさまにヤバいと思われる無料オファーの見分け方

どうも、トシアキです。

最近、僕のメールやLINE@に
無料オファーなどで多額の現金を
振り込んだにも関わらずまともに連絡も取れず
サポートすらされないといった声を何件か頂いております。

そのような状況になってしまった場合は
高確率で詐欺の疑いがありますので、
まずは冷静になって販売者とのやり取りや
状況を出来るだけ詳しく記録してください。

それが後々になって有力な証拠になり、
返金してもらえる可能性が上がります。

では次項からあからさまにヤバいと思われる
無料オファーについて僕なりの見解を述べていきますので
どうかお付き合いください。

ある程度はランディングページから判断できる

無料オファーの提供者は
ランディングページを作る為に多くの資金を使っています。

ランディングページというのは
その商品や企画の詳細などが書かれているサイトで
よくあるタイプだと動画などが埋め込まれていたりします。

このようなサイトは必ずと言っていいほど
誇大表現が多様されており、
訪れたユーザーの興味を惹いてきます。

例に挙げますと以下のようなフレーズには要注意です。

・楽して稼げる
・簡単に稼げる
・知識、経験が必要ない
・1日○分で一ヶ月で○○万稼げる
・絶対に稼がせます!
・上場確定コイン(仮想通貨)
・権利収入


上記のフレーズが多く使われている
ランディングページは客寄せの為だと思ってください。

何故そのような事をするのかというと
淡々とありきたりな文章でセールスするよりも
インパクトの強いフレーズを取り入れたほうが
圧倒的に反応が強くなるからです。

だからと言って実際とは異なる内容を
堂々と謳っている場合が殆どですので要注意です。

あまりにも酷いと虚偽誇大広告となり
法的な意味で違反しているとされます。

控えめに言って人は文章次第で
簡単に騙されてしまいます。

ランディングページというのは
それだけ強大な影響力を持ち、
初めて訪れたユーザーを引き込んでくるので
以下の事は必ず意識しておいたほうが良いでしょう。

まず「現実的に考えてありえるのか?」
という視点は常に持っておいたほうが良いと思います。

オイシイ話だと思って疑いもせず
簡単に鵜呑みにしてしまうのは破滅を招く事になります。

特定商取引法に基づく表記を確認しよう

無料オファーのランディングページには
殆どの場合「特定商取引法に基づく表記」
または表示と書かれた内容が記載されています。

特商法と略して使う事もあります。

実はここに記載されている内容だけで
その無料オファーの信憑性をがわかるのです。

特商法に表記されている内容としては
主に販売会社、販売責任者の名前、住所
連絡先(メール、電話番号)など。

実はあまり確認もせずに
商品を購入してしまったという方は多いです。

でもそれって
冷静になって考えるとヤバい事なんです。

どこの誰が販売しているのかも知らずに
お金を支払って商品を購入しているのと同じ事ですから
ある意味ギャンブルだといえます。

まず購入に踏み切る前に確認をしてください。

最低限これだけは確認するべきだと思う点を
下記にまとめてみました。

・販売会社
・販売責任者の氏名
・住所
・電話番号

ただ確認するだけではなく
自分で調べてみる事も重要です。

販売会社であれば
実在している企業か?会社HPはあるか?
この辺は必ず調べてください。

販売責任者の氏名に関しても
調べると過去に別の商品を
販売していた実績が見つかる事があります。

そして住所についてですが、
こちらも同様に調べると虚偽であったり、
実在していない場所である可能性もあります。

最後に電話番号を挙げた理由としては
万が一購入した商品に関して、トラブルが起こった際に
販売者と連絡がつかないというケースが想定されるからです。

メールアドレスが記載されているから安心
という事はほぼ無いので気をつけてください。

メールというのは最もレスポンスが遅く
非効率な手段だからです。

例えば
購入した商品で重大なトラブルが発生して、
通話ではなくいちいちメールを送って
返信を待つ事ができますでしょうか。

じゃあ電話番号があれば安心と言われると
実はそうでもない場合があります。

キリがないですが、
電話番号が虚偽である可能性も
十分ありえるのです。

常に疑っていきましょう。

もしも詐欺被害にあってしまったら?

常に疑いを持つことが大事だと先述しましたが、
それでも詐欺の被害に合ってしまう場合もあるでしょう。

詐欺師というのは言葉巧みに
ユーザーのハートをキャッチしてきますからね。

僕も痛いほど経験しているので
今では耐性がつきまくっています。

ここからは実際に騙されてしまい
お金を支払ってしまったという方を
対象に僕なりの見解を述べているので
参考になればと思います。

単刀直入に言いますと
絶対に諦めないでください。

返金してもらえる可能性はゼロではないです。

その手のプロフェッショナルも存在しているので
調べて必ず相談してください。

google大先生なら
「情報商材 返金」と入れて検索するだけで
多くの参考サイトが出てきますから
存分に調べて頼ってください。

相談だけなら無料で行ってくれるところもあります。

さいごに…

ここまで僕が書かせていただいた理由としては
LINE@へ登録していただき友達になっていただいた方が
リアルに困って僕を頼ってくれたからというのが背景にあります。

正直、僕は弁護士ではないですし頭も良くないです。

ついでに顔もよろしくないです。

なので詐欺にあってしまったがどうすればいいのか
という問いに関しては的確なアドバイスをする事は難しいです。

ただ僕も真剣に調べますし
出来る限りアドバイスはさせていただきます。

とはいえ大抵の事は調べれば解決策が見つかるので
をれだけは知っておいて損はないかと思います。

結局は自分でリサーチする事が最重要ですし
自己防衛する他ないと思ってます。

ちなみにここだけの話ですが、
僕のLINE@ではFXの自動売買ツールを無料で提供している他、
登録者限定で破格のバイナリー自動売買システムの紹介も
予定しておりますので、ご興味のある方は登録だけでもどうぞ!

紹介する権利を頂いた段階でブログでもご紹介するかもしれません。

管理人トシアキのLINE@はコチラ

ご登録後に関してですが、

「お名前」
「内容」

上記は必ず添えてメッセージ(トーク)をくださいね!

トシアキ

月利100%↑を達成したFX自動売買ツールが「今だけ」無料配布中!【人数制限】 ⇒詳細はこちら