考え方

【吃音】コミュ障を克服する為に効果がありそうな対策と方法【対人恐怖症】

こんにちは、トシアキです。

唐突ですが
僕は学生時代から割と最近まで
超絶「コミュ障」でした。

今では人並みにはなっている、はず。

「コミュ障」というのは
ネットスラングの一種でもあり、
主に人と話をしたりコミュニケーションを
取る事を苦手としている人を指します。

最近ではSNSで自撮りを
やってるような女の子とかが
自称「コミュ障」を演じていますが
僕の場合は割とガチだったりします。

人に話しかける時、
最初に「あっ…」とか
「あのっ…」とか発声しますw

これが女の子だったら
可愛いとか初々しいとか
そんなイメージになりますけど
いい年した成人男性ですからね僕…。

というかそうしないと
最初にうまく話かけられないんですよ。

自転車とか乗る時も
助走つけるじゃないですか?
そんなイメージです。

あと、これは今もあんまり
変わってないんですけど、
僕って「吃音」だったりします。

「吃音」というのは
人に話しかけたりする時に「ぼ、僕は~」とか
「あ、わ、わかりました」みたいな
壊れたロボットみたいな状態です。

あなたの身近にもいませんか?

これ100人に1人らしいっすよ。

それなりにレアな人材です。

しかし、
世間では風当たりが強くて
こういう人は割と避けられがちです。

だって、変じゃないですか?

悲しいですが
世間から見たコミュ障とか
吃音の人というのは個性ではなく
一種の障害、気持ち悪い人として
見られがちなんですよ。

子供の頃は
個性的なヤツだとか
面白いヤツだとか
先生とか周りの生徒からも
評価されていたんですけどね。

大人になるにつれて
肩身が狭くなってくるものです。

僕はそんな自分が嫌いでして、
社会人になってからは人間関係が辛くて
何度も転職を繰り返していました。

パワハラとかイジメなんかも
経験しています。

さて、今回はそんなコミュ障を
克服する為の対策などを
独自の視点を交えてお話していきます。

あなたは「コミュ障」ではありませんか?


コミュ障(コミュニティ障害)って
要は人と話す事が苦手、億劫なわけですよ。

対人恐怖症も含まれますね。

人と話す事が苦手、億劫な原因として
いくつか挙げてみました。

あなたは当てはまりますか?

1、相手の目を見て話すのが怖い
2、吃音をバカにされるのが嫌
3、相手からの評価が気になりすぎる
4、面白い事が言えないから
5、外見的コンプレックスがある
6、頭の回転が遅い
7、話の沈黙が怖い
8、息が臭いから話したくない
9、顔を見られるのが嫌
10、対人恐怖症

主な原因としては
大体、上記のような感じではないでしょうか?

僕は何個か当てはまるので
立派なコミュ障ですね。

でもここに挙げた項目のいくつかは
解決する事ができます。

順番に見ていきましょう。

相手の目を見れないなら見なければ良い


前章のリストでも挙げていますが
人の目を見て話せないのは
社会人生活においては致命的でしょう。

アイコンタクトとも言いますね。

これができないと
社会では上手くやっていけない
事が多いです。

喋る人の瞳には少なからず
眼力がみなぎっていますし、
眼の動きでも伝えたい事がわかるものです。

つまり

相手の目が見れない事は
それだけで相手の思っている事を
上手く感じ取ることができないのです。

とはいえ
相手の目が見れないのだから
どうしようもないでしょう。

そこで、
相手の目を見てないけど
相手から見ると視線が合っている
ように見える方法を教えます。

それは

「相手の額を見てください」

もしくは

「相手の顎を見ましょう」

これを意識すると
相手から見れば
目が合っているように見えます。

この方法なら
視線を逸らしたとか
そういう風に思われる事も
なくなりますよ!

ちなみに
僕は瞬きがめっちゃ多いので
視線を合わせると笑われますw

そこは許してください。

コミュ障はマスクを着用すればいい


コミュ障は人との接触、
自分の顔を見られる事を嫌います。

理由としては
相手からの評価を極端に恐れるからです。

これは女性の方によくあるタイプですね。

女性が化粧を欠かさない
理由のひとつでもあります。

すっぴんを見られるのが嫌
という女性は本当に多いですからね。

でも世間一般的に
赤の他人が化粧をしているかどうか
なんて気にしてる人はほぼいないです。

そういう人は業界人か
同じ属性の方だと思います。

女優とかアイドルが
すっぴんは流石にマズいですからね…w

さて、そんな人との接触を恐れる方は
「マスク」を着用してみてはいかがでしょう?

マスクは意外と最強アイテムで、
相手から顔や口の動きを見られないばかりか
風邪の予防やウィルス対策にも
うってつけなんですよ。

場合によっては
「体調管理がデキている」
などと思われる事も…?

ただ、マスク着用にもデメリットはあります。

いくつかデメリットを挙げてみます。

★年中つけていると怪しまれる
★夏場は蒸れてしんどい
★声がややこもる
★上記の理由から発声を強める必要がある
★マスクの出費が痛い
★顔を忘れられてしまう

マスク着用が怪しまれないのは
9月~6月あたりまででしょうか。

5,6月はけっこう暑いです…。

声もこもっちゃうので
少しボリューム上げる必要アリですね。

あとは
出費が地味に痛いので
毎日つけるというよりは
本気で億劫な日だけにするとか
制限をすると良いですね。

そして

あまりにも年中マスクだと
近所や職場の人から
あなた本来の顔を忘れられてしまう
可能性があります…w

これはなんとしてでも
避けたいので、
せめて挨拶をする際には
少し外すとか工夫が必要です。

あとマスクに依存しすぎるのも
よくありません。

人と接する事に慣れてきたら
外してみましょう。

面白い事が言えるのは芸人だけで良い


人と接すのが苦手な理由として
相手からの評価を極端に恐れてしまう
という事が挙げられます。

僕もそうだったんですが、
人と2人きりになってしまった時、

「あ、面白い事言わないと嫌われるかも…」

なんて思う時がありました。

いま思うと愚かな悩みでした。

あなたは無理に相手を楽しませる必要は
微塵もないんですよ。

普通に会話をしていれば
それで問題ないのです。

つまり

相手の問いに対して
受け答えができれば
それだけでOKです。

無理に愛想笑いをする
必要もないです。

だって面白くも無いのに
無理に笑うのって疲れますし…。

会話の途中で沈黙があっても
あなたは恐れる事はないでしょう。

会話の中で沈黙を恐れる人は
強い思い込みを抱いています。

それは

「会話は常に続くもの」
だと思い込んでいるのです。

会話が途切れずに続くのは
アニメやドラマの世界だけです。

一般的な会話で「沈黙状態」
というのは珍しくもないですし
ごく当たり前のことです。

だから安心して
沈黙状態を楽しんでください。

相手との沈黙の中で
ゆっくりと話のネタを練るのも
コミュ障を克服する第一歩になりますよ。

身体的コンプレックスは治せます(一部除く)


人とコミュニケーションを取るのが
苦手な要因として挙げられるのが
自身の身体的なコンプレックスです。

例えば

顔がブサイクだったり
身体が太っている事が
自分の中で強いコンプレックスに
なっている状態とかですかね…。

この悩みは生きていく上で
多くの人間がぶつかります。

人によっては
この悩みに押し潰され
どうしようもない苦痛を伴いながら
生きていく事を余儀なくされるでしょう。

ですが、その考え方そのものが
大きな間違いなんですよね。

だって、
それが「あなた自身」なのであって
世界中どこを探しても同じあなたはいないし
たった一人のかけがえのないあなたなんです。

どうして
苦しみ、悩む必要がありますでしょうか。

僕も「ブサイク」という
言葉を使ってしまいましたが
そもそもブサイクってなんでしょうか?

誰が考えた言葉なのか
わかりませんが
これは一種の呪いの言葉です。

あなたがどんな顔をしていようが
それは紛れも無く「人」であり
他人が入り込む余地はありません。

だから
自分に自信を持って生きましょう!

などと言っても
悩んでいる人というのは
そう簡単に変われるものではなく
なんとか外見を変えたいと
思ってしまうものです。

じゃあどうすればいいのか
方法はいくらでもあります。

もし、あなたが経済的に
余裕があるのであれば
「整形」すれば済む話です。

ただ、大きなデメリットがあるので
注意する必要があります。

整形によるデメリットは
下記のとおり。

★失敗するリスクがある
★部位によって回数制限アリ
★あなたの本当の顔ではなくなる
★結婚して産まれる子供に影響アリ
★噂になる

整形を考えている人の多くは
「失敗する」ことを恐れていると
思います。

実際に整形を行っている医師の腕前は
ピンキリですし、保険も適用されませんし、
極めて高いリスクがあります。

あなたが本当に整形を考えているなら
事前の情報収集は欠かさない事です。

また、整形をする場所によっては
施術を施せる限度があります。

例えば「鼻」は2,3回までとか
言われていたりしますね。

何度も繰り返し整形をすれば
取り返しがつかなくなるくらい
顔が崩れてしまいます。

そのへんも覚悟する必要はあります。

そして

整形をするという事は
あなたの本当の顔ではなくなるので、
もしご結婚された場合には
大きなデメリットが訪れます。

それは

産まれてくる子供の
顔があなたの整形前の顔を
受け継いでくる可能性です。

あなたが整形によって
まったく別人のように
なってしまうほど悲惨な結果になります。

下手をすれば
本当に自分たちの子供なのか
疑われてしまう事もありえます。

近所の方や身内に
変な噂が広まるリスクもありますね。

以上の理由から
「整形」をする場合には
慎重に考えるべきだといえます。

ここまで「顔」について
述べてきましたが
自分が太っているだとか
背が低いだとかは基本的に
変えようがありませんので、
諦めましょう。

息が臭かったらこいつを使え!


人と接するのが億劫になる
理由のひとつとして
自身の「口臭」が挙げられますね。

ただ、口の臭いというのは
年齢がかさむに連れて
強烈になってくるものなんです。

これは避けようが無いので
毎日しっかりケアする事が重要です。

ただ、どうしても無理、
臭いが消えないと言う方には
市販されている「リステリン」
という洗口液がオススメ!

これはよほど頑固な臭いでなければ
速攻で除去する事が可能です。

おまけに
口内を除菌する事もできるので
虫歯や歯肉炎といった口内の問題も
解決する事ができますよ!

あとは単純に医師に相談するとか
口臭の原因を見つける事が大事ですね。

結構、原因は口内ではなく
ストレスや体の中だったりする
場合も珍しくはないです。

なので、いくら口内を
清潔にしても臭いがとれない
という方は体の健康状態を
疑ったほうが良いです。

対人恐怖症だったらどうすればいい?


素直に心療内科や精神科で
受診される事をオススメします!

人の視線が気になるとか
自分の行動や態度が迷惑をかけていないか
とにかく他人からの評価が気になる
といった方は疑いアリ
なので
早急に治したほうが良いでしょう。

ほうっておくと
うつ病といった病の
引き金になる
事もありますよ。

身近なケースだと
他人の咳払いとかが極端に気になる
とかでも疑いアリだと思います。

対人恐怖症は
傍から見るとわからないですし、
自分でも気づき難い精神の病です。

あまり軽視しないよう
早急に治療しましょう!

【まとめ】コミュ障は克服できる【自信をつけよう】

いかがだったでしょうか…?

人間関係を円滑にする為には
コミュニケーションは必須です。

ただ、
誰もが円滑なコミュニケーションが
できるとは限らないのも事実です。

人と話す事が億劫だったり、
精神的、身体的な問題で
出来ない場合もあるわけです。

ただ、一番の原因は
「自分に自信がないから」
だと思っています。

例えば
自分が超絶美女イケメンで、
スタイル抜群で経済力ある
みたいな状態だったら…?

僕だったら
人生楽しくなっちゃいますね…。

他人の視線とか言動とか
割とどうでもよくなっちゃうと
思います。

というわけで
コミュ障だと思っている人は
まずは自分大好きになりましょう。

どうして
自分に自信が持てないのか?
原因を探してどうすれば解決できるのか?
そのへんを意識すると良いかもですね。

自分が好きになれないと
他人を好きになる事は難しい
です。

少しロマンチックな言い方をすると
自分を愛する事ができれば
自然と他人も愛する事ができます。

自分を見てもらいたいと
思えるようになったら
自然と他人と関わりたいと思える。

そこまでいけたら
克服できたようなものです。

とはいえ
最初は難易度高すぎるので
ここで挙げていった方法を
試しながら自分を好きになっていきましょう。

今の僕は自分の事が大好きですからね。

最後までご覧いただきまして
ありがとうございました。

管理人トシアキのLINE公式アカウント

https://line.me/R/ti/p/%40481ohyaa

 

改めまして
僕の記事を最後までご覧いただき
ありがとうございます。

もしよろしければ
僕の公式LINEアカウントを
ご登録お願い致します!

僕の公式LINEでは
経済的自由を手に入れる為の
情報など不定期に配信しています。

「お名前」「用件」
最低限添えてメッセくださいね。

また、どの記事で
僕の公式LINEを知ったのか
教えていただけると嬉しいです。

それと
マナー、モラルに欠ける方は
ご遠慮ください。

トシアキ

お金に余裕が欲しい方へ

友だち追加

現在、僕の公式LINEでは
期間限定で"無料特典"を配布中です。

また、当ブログではあなたに
最高峰の投資コンテンツをご紹介できます。

詳細は下記をご覧ください。

【令和】あなたの人生を変える最高の投資コンテンツ【永久保存版】

あなたの人生、きっと豊かになりますよ。

ただ、一歩だけ踏み出してみてください。


ブログランキング ・にほんブログ村へ
よろしければこちらも応援お願いします。


トシアキ